法律上では、既婚者が婚姻関係にない

法律上では、既婚者が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを浮気といいます。つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていなれば、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな仕事内容は類似しています。ただ、違いがあるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。けれども1人で踏み込むと、揉める元なので、避けたいところです。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。まず探偵について見てみるならば、怪しむ人のないようにきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。不倫に関する問題を誰かに相談するなら弁護士に相談するのがオススメです。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかまず考えてから相談するといいでしょう。不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するようにしてください。女性の場合だと、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、相談しないようにしましょう。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまう脚本もしばしば書かれます。浮気しているところを捕まえて問い詰めるのもやり方の1つでしょう。別れるつもりがあるならば、問題ないかもしれません。浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調べておくことです。調査とはいっても簡単にできることなのです。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば良いだけです。日々の仕事に出掛ける時間、帰宅した時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。日頃、相手の生活している様子をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を掴む場合には、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が失敗がありません。そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。相手が信頼できなくなってしまったらこの先の長い時間を一緒に過ごすことは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求すると間違いなく別れさせられるはずです。食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の人の数が書いてある事があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに確かめるようにします。仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です